会社概要

ニシウチ株式会社

会社概要

ニシウチ株式会社
アクセスマップ
会社名: ニシウチ株式会社
所在地:


■本社
〒546-0002
大阪市東住吉区杭全2丁目1番4号
TEL 06-6714-0203(代表) FAX 06-6714-0247
HPアドレス: http://www.nishiuchi-00.co.jp
創立日: 1979年5月20日
1971年3月10日(創業)
資本金: 60,000,000円
役員: 代表取締役社長 樫山 健造
常務取締役 竹田 一弘
取締役 西内 美恵
監査役 岡田 雅郎
決算期: 5月20日(年1回)
取引金融機関: 三菱東京UFJ銀行・阿倍野橋支店/三井住友銀行・美章園支店
大阪シティ信用金庫・阿倍野支店/商工組合中央金庫・船場支店
りそな銀行・阿倍野橋支店/近畿大阪銀行・阿倍野支店
営業品目: 電気絶縁材料/電線及び関連部品/ワイヤーハーネス加工全般
(日本圧着端子、大宏電機、タイコエレクトロニクスアンプ、MOLEX、ASS.Y)
一般及びエンジニアリングプラスチックの加工成型/プリント配線用積層板の設計加工
前号に附帯する一切の業務/損害保険代理業/不動産の賃貸・管理業
従業員数: 20名(2017年5月現在)
土地建物: ■本社・ 土地192.89m2・建物 鉄筋4階562.88m2
■ハネック電子株式会社:土地737.58m2・建物 鉄筋4階 1,424.64m2
■デルタ工業株式会社 :工場施設面積 : 本社 千葉工場 敷地1,080m2 中田工場 敷地4,800m2
■不動産事業部 :「サンライフ今川、賃貸マンション」・土地389.91m2
            建物鉄筋コンクリート6階894.90m2

会社沿革

1971年3月 大阪市東住吉区桑津町5丁目36番地にて現、代表取締役会長 西内一男の個人経営として西内商店を創立し絶縁材料の販売を開始。
1974年12月 堺工場を堺市奥本町に設け全自動ワイヤー切断機2台を設備し線材加工を開始。
1978年11月 現在地に社屋を建造移転。
1979年5月 資本金500万円を以て株式会社西内商店を設立。
1980年6月 堺工場のワイヤーハーネス加工部門拡充の為堺市奥本町に移転し、自動ホーミングマシン(新明和)全自動プレス付ワイヤーストリッパー(松原研究所)を設備し、リボンコードの加工を開始。
1982年7月 資本金1,000万円に増資。
1983年5月 本社に全自動ワイヤー切断機2台を設置。
1983年10月 本社を増築4Fとし建物面積を795m2にする。
1984年5月 加工部門を独立し別法人ハネック電子株式会社を東住吉区今川1丁目に設立。
ワイヤーハーネス部門の拡充並びに電子機器アッセンブリを開始。
1985年11月 資本金2,000万円に増資。
1987年6月 ハネック電子株式会社本社を建替。6F 1,162uとし特機部門の拡充を図ると共に一部を賃貸不動産部門として発足。
1988年5月 CI導入とともにニシウチ株式会社に社名変更。
1989年1月 新企画製品を取り扱う専門部署(V.S.B)を新設。
1990年11月 資本金3,000万円に増資。
1991年9月 受発注連動管理システム「AS-400」導入。
1992年8月 関連会社ハネック電子株式会社UL認定工場として資格を取得(ファイルNo. E146684)
1998年2月 受発注連動管理システム「AS-400」バージョンアップ。
1999年6月 堺市新家町に工場建物購入、関連会社ハネック電子株式会社 賃貸。
1999年7月 資本金4,500万円に増資。
2001年4月 日本火災海上保険(株)の損害保険代理店として登録(1992年10月)。
興亜火災海上保険(株)と合併し、日本興亜損害保険(株)代理店となる。
2005年2月 大阪中小企業投資育成(株)より出資を受け、資本金5,550万円に増資。
2006年7月 近畿電子部品卸商組合の賛助会員に加入。
2006年8月 資本金6,000万円に増資。
2009年1月 ISO14001 認証取得(QAIC/JP/0424)
2012年1月 関連会社のハネック電子株式会社がフィリピン セブ工場での生産を開始。
2013年1月 モールド成型・ワイヤーハーネスの製造・販売を行なうデルタ工業株式会社の全株式を取得し、ニシウチ株式会社のグループ企業とする。
2014年9月 椛ケ害保険ジャパンと日本興亜損害保険鰍ェ合併し、損害保険ジャパン日本興亜鰍フ代理店となる。
2018年1月 ISO14001 2015年度版、認証取得。
2018年3月

受発注連動管理システム「AS-400」最新機種 Power8 を導入。